NEWS

第45回 技能五輪国際大会 ロシア連邦・カザン大会に
町田建塗工業の前橋康平が
左官部門の日本代表として出場することになりました!

技能五輪国際大会とは

技能五輪国際大会は、正式には、国際技能競技大会(WorldSkills Competition)と呼ばれています。
この大会は、1950年にスペインの職業青年団が提唱して隣国ポルトガルとの間で各12人の選手が技能を競ったことにその源を発し、逐年、参加国および出場選手の増加をみて若い技能労働者の祭典と呼ばれるにふさわしい行事に発展してきました。

2019年の開催情報

開催地
ロシア連邦・カザン競技
会場
カザンエキスポ国際展示センター(KAZAN EXPO International Exhibition Centre )
開会式
2019年8月22日(木)
競技期間
2019年8月23日(金)~8月26日(月)
閉会式
2019年8月27日(火)
競技職種
56種
左官競技の概要
建物の装飾性、耐久性、機能性を高める役割を果たすのが左官の仕事です。競技は欧州の建築様式をモチーフにした課題を製作します。乾式工法の正確な組み立てと塗り仕上げの美しさに加え作業の速さなどを競います。

上表は現地時間の日程です。

2018年12月12日(水)日本代表決定通知授与式が千葉県船橋市のクロス・ウェーブ船橋で行われました。
日本代表選手のひとりとして、町田建塗工業の前橋康平も左官派遣選手として参加し、中央職業能力開発
協会の田邊理事長より日本代表選手決定通知書が授与されました。